トップ / 信頼できる小児科医師

信頼できる小児科医師

お子様を小児科へ

小児科の年齢と診療について

小児科は、主に小児の内科的な疾患を診療したり、投薬による治療を行っています。お子様をどこの科に連れていったらよいか迷っている場合は、まずは小児科に連れて行ってあげるようにして下さい。治療の対象になっている年齢は、0歳から18歳ぐらいまでになっています。お子様は風邪や気管支炎などの呼吸器系の病気に罹りやすいですし、擦り傷や切り傷などの怪我も多いです。信頼できる医師が在籍している病院やクリニックに通院をすると、丁寧に診療を行ってくれます。年齢や症状に応じた薬を処方してもらえるので、安心して通院ができます。

小児科の診療は年齢何歳まで

小児科の診療所が数多くありますが、年齢何歳まで診療を受けられるのか気になると思います。法的には年齢による制限は一切ないのですが、医学的には新生児から思春期の15歳までが対象となっています。中学生が病院に行ったら小児科に回される事が多いです。しかし、先ほども書いたように大人でも受診しようと思えば可能で絶対的な決まりはなく、小さいお子さんと母親が一緒に受診したという話もあります。法的や実務的には一切制限がなく、医学的に中学生頃までという風になっており、明確の基準は無いですが病院ごとに決まりがあるでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の不足の原因とは何か. All rights reserved.