トップ / 医師の自己診療について

医師の自己診療について

医師が自分を診る

医師の自己診療が認められる場合

医師の自己診療は基本的に保険診療として認められません。自分を治療するときには他の先生から診察してもらわなくてはいけないのです。処方箋も自分に対して発行することはできません。大病院には多くのドクターがいますので、診察や処方箋発行を他のドクターに頼むことは比較的容易です。開業医の場合は自分の医院以外の医療機関を受診することになります。医師の自己診療が例外的に認められるケースとしては、離島などのため他に診察できる者がいない場合とされていますが、詳しい基準はなく、事例ごとに検討しているのが現状です。

医師の自己診療の保険請求

個人開業医が自分の病院で働く看護師などを診療した時は、通常の患者を診察した時と同じように健康保険請求できますが。医師法による規定で禁止されているわけではありませんが自己診療をした時には健康保険請求できないことになっています。これは、加入している医師国民健康保険の規定ですので、他の健康保険に加入すれば自己診療の健康保険請求もできることになります。個人開業医のままではなく、法人化することで今までの国保か政府管掌健康保険を選べるようになりますので、政府管掌健康保険に加入すれば健康保険請求もできるようになります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の不足の原因とは何か. All rights reserved.