トップ / 医師が患者の不安を和らげるため

医師が患者の不安を和らげるため

医師の患者への説明

医師のコミュニケーション

患者は診察を受ける際、かなり緊張や不安を抱いていることが多いです。医師はどうしても、患者の数をこなさないといけなかったり、立場的に威圧的になったり、現場が忙しくなってくるとコミュニケーションが疎かになりがちです。ゆっくりと患者さんの声を聞かず、目も合わせないまま、だだ診断を下し、薬を処方し、次の受診日を設定し、診察終了というケースも、医療機関によっては少なからずまだあります。相手の話を傾聴し、コミュニケーションをとることで、見逃していた症状や状態を把握することもできるはずです。医師が話を聞いてあげるだけでも、不安は少なからず軽減します。重度な病気や進行性の病気、癌の末期で余命が限られている場合など、診察の場面ではシビアな状況も多くあることでしょう。なかなか難しいことでしょうが、分かりやすく病状を説明するなどインフォームドコンセントは、現在、当たり前のこととなっていますが、できていない医療機関もまだ存在します。きちんと話を聞いてくれ、説明してくれる病院は、自然と人も集まり認知度も上がってきます。

患者へのコミュニケーションが必要

優秀ないい医師でとはどんな先生でしょうか。知識が豊富な、技術のあるといったところが思い浮かぶでしょうか。もちろん病気やけがで病院にかかる場合は治ることを期待して治療を受けます。知識不足や技術が十分でない場合は大丈夫なのかなと心配になってしまいます。しかしどんだけ技術のある先生でも必ずしも評判がいいわけではありません。患者や家族への話し方や接し方などのコミュニケーション能力が非常に重要といえます。質問しやすい、親身に聞いてくれる医師かどうかというのはしっかりみられています。そしてそういう評判というのは患者から家族、友人など口コミで広がっていくことも少なくはありません。病院にかかるということは体調に関して少ならからず不安を感じている人がほとんどですのでその時にどう接してくれるかで患者の気持ちは大きく変わるものです。逆に不愛想だったり傷つくことを言う医師も残念ながらいます。今後こういったコミュニケーションについても選ぶ視点として持つことも早く治癒するには必要なことかもしれません。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の不足の原因とは何か. All rights reserved.