トップ / 海外で働く医師のやりがい

海外で働く医師のやりがい

医師の海外での働き方

海外で働くボランティア医師

発展途上国では医療が発達していていない所が多いため、日本の病院に勤務しながら短期ボランティアで働く医師もいます。日本に比べると治療をするための十分な環境が整っておらず、医者と患者の言葉もかみ合わない環境で病気を治していくのは大変ですが、やりがいを感じて何年もボランティア医師として働いている方もいます。短期間の仕事に慣れたら、長期で働くための登録をして現地に永住して勤務を続ける方もいます。日本の医者がアドバイスを行う事によって、現地の方が少しでも体調管理に興味を持ってくれると生存率も長くなります。

医師のボランティアについて

医師という職業は裕福な職業の代名詞のようなところがあります。しかし、彼らの中には、病院での治療だけではなく、ボランティアで治療を行っている方も少なくないのです。たとえば、国境なき医師団のような国際的な医療ボランティアチームに加わり、災害地域や紛争地域で診療を行う場合です。これらの活動はビジネスではないので、すべて無報酬ということになります。忙しい国内での仕事を休んで、災害地域や紛争地域で苦しむ人々の治療にあたることになります。このような医療奉仕活動は、使命感と奉仕の精神がなければできるものではありません。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の不足の原因とは何か. All rights reserved.