トップ / 医師が開業するために

医師が開業するために

医師の理想の個人開業

医師の開業資金と年収について

医師にとって個人開業というのは理想的な医療を提供する自分の城を持つという行為です。最も多いのは40歳前後での開業であり、医師として脂の乗っている時期であると言えるでしょう。この様な時期におよそ6000~8000万円の資金を投じて必要な医療機器を整備する必要があります。上手に経営が行えれば年収で1500万円以上を狙うこともできるのが個人経営のクリニックです。高い年収が期待できる一方で必要となる資金も大きいため、経営の専門家のサポートを受けながら計画的に準備をしていくことが必要であると言えるでしょう。

開業資金を貯めて年収を上げる

医師免許を取得すれば病院を開業する事が出来ますが、実際は医師になってからすぐに独立する訳では無く、病院で経験を積みながら資金を貯めて独立するというケースが多いです。病院の開くには莫大なお金が必要になり様々な課題がありますので、それをサポートしてくれる医師の独立開業を専門にするコンサルタントがあり、土地の選定から経営計画の作成、資金調達や行政への手続きの支援など、年収を上げて行く為のステップとしていろいろな形で助けてくれます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の不足の原因とは何か. All rights reserved.