トップ / 医師の常勤換算とはなにか

医師の常勤換算とはなにか

医師の非常勤スタッフ

医師における常勤換算について

医師の世界には常勤換算という考え方があります。これは常時勤務している正規雇用の人数に加えて、非常勤のスタッフの勤務時間を合計した場合に常勤スタッフ1名分の時間数に届く場合に常勤スタッフ一人分としてみなす考え方です。この様な考え方が必要とされる背景には深刻な医師不足があります。医療経営を行う場合には最低限配置しなければならない人数というものが存在しているのですが、この問題に無いして常勤換算という考え方を導入することで何とかやりくりしているのが現在の医療の現場であると言えます。

医師の常勤換算の基準

医療機関においては施設基準を満たす為に、一定数の常勤医師が置かれている必要があります。一方で医療という業務の特性上、各人においては勤務する施設が日毎に異なったり、当直等との兼ね合いで日毎の労働時間が大きく異なるといったケースが少なくありません。そこで、医師の常勤換算基準というものが定められています。概ね1週間当たりの勤務時間が32時間を超える場合に当該施設での常勤医師1名と見なされる基準となっており、当直や交代勤務も踏まえた詳細な基準が定められています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の不足の原因とは何か. All rights reserved.