トップ / 女医のよりよく働く環境

女医のよりよく働く環境

女医の結婚と出産

女医で仕事と育児を両立

医師の離職率が高いですが、医師でも女医が結婚や出産などの環境の変化に伴い、仕事と育児の両立が難しく退職を余儀なくされるケースも少なくありません。またはこれまで積んできたキャリアを捨てて当直が無い病院や残業が比較的少ない科へ転科する人も少なくなく、環境が変化する前の仕事を継続して行う事は周りの協力と現場の理解がないと難しいです。女医でも育児をしながら医師として活躍している人も少なくなく、その場合には院内託児施設が完備してあったり、育休などの制度が充実しており、職場の人の理解が得られる人が多い事があります。

女医の育児と仕事の両立

多忙な医師もそれぞれの生活があり育児や家事、プライベートと当然あります。高い志を持っている医師でも自身のプライベートや生活をすべて犠牲にできるわけでは当然ありません。そのため退職してしまう医師も少なくはないのではないでしょうか。そこで働き方の問題ですが育児中の女医さんのために時短勤務や非常勤での勤務などで両立している場合も少なくありません。仕事を続けたいがフルタイムでも仕事は難しいという女医さん多いと思うので病院や施設側も働き方を検討し柔軟に対応するという姿勢が重要となってきます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の不足の原因とは何か. All rights reserved.