トップ / 麻酔科の多岐にわたる仕事

麻酔科の多岐にわたる仕事

麻酔科の仕事内容

麻酔科の医師の仕事について

麻酔科の医師の仕事は、手術中の滞りのない医療行為の実施を、安全に維持させることだけにとどまらず、患者に対する広範囲に渡るケアが求められています。手術前後における患者の不安は甚大なものがあります。心身両面において、安定した状態で過ごすことができるように配慮することも仕事のひとつです。麻酔を施している間は、体内の機能を一時的に停止させている部分もありますので、生命維持のための処置も必要になります。そのためにも、麻酔科の医師は、他の科の医療スタッフとの連携が大切になります。

麻酔科医師の仕事について

医師の仕事の多くは免許を持っていれば法的には対応可能であるとされています。しかし手術などの際に必要不可欠な技術である麻酔を管理する麻酔科については、標榜するために厚生労働省の許可が必要な診療科目になっています。それだけ特殊な技術を必要とする現実があるのです。また非常に過酷な仕事であるということもあり、麻酔科医師の不足は全国的な問題になっています。救急外来や24時間対応が可能な医療の現場には必須の人材でもあり、人材確保のためにはあらゆる対応を必要とする特殊な分野であることが知られています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の不足の原因とは何か. All rights reserved.